カート
0

現在カート内に商品はございません。

ぴったりの鉢を選ぼう!植木鉢集中講座


植物を買ってきたけれど、このポットのままだとインテリアと合わないから植え替えたい。でもどんな鉢が合うかわからない!というそこのあなた、こちらの集中講座を受講してそのお悩みを解決していって下さい。

そもそも鉢のサイズって?

植木鉢の大きさは、円の直径を意味する「号」で表されます。1号=約3cmなので、3号鉢はつまり直径9cmの鉢のことを指します。鉢の厚さなどによって変わりますが、ここでは一般的な鉢を目安として表記します。

小サイズ

3~5号鉢・・・直径9cm〜15cm
必要な土の量:0.03L~1L
多肉植物、サボテン、小さな観葉植物、草花1株を植えるのに向いているサイズの鉢です。市販のポリポットは主に3号鉢サイズです。

中サイズ

6~8号鉢・・・直径18cm~24cm
必要な土の量:2.2L~5.1L
少し大き目の観葉植物や小さめの樹木、果樹を植えるのにちょうどいいサイズです。使う土の量も増えるので重さがでてきます。

大サイズ

9~11号鉢・・・直径27cm~33cm
必要な土の量:7.3L~10L
大きな観葉植物、草花の寄せ植え、樹木に適した大きさです。寄せ植えは使用する苗ポットの数によって大きさは変わります。

鉢の特徴

植木鉢も素材ごとに特徴があります。メリットデメリットをチェックして選びましょう

素焼き鉢


自然素材の鉢です。鉢自体に小さな穴が空いているので吸水性・通気性が良いのが特徴です。衝撃には弱く長年使うと苔が生えたりします。

プラスチック


比較的安価で、色、形の種類も豊富です。割れにくく軽いため扱いやすい鉢です。通気性・吸水性はないので夏場の管理が少し難しいのがデメリット。

陶器



デザインが凝ったおしゃれなものが多いです。表面に釉薬を塗ってから焼いた鉢は素焼き鉢に比べると通気性はありません。重く、衝撃に弱いです。

相性の良い植物と鉢の組み合わせ

幹部分がぽってりとしたタイプの植物には




株元に目がいくため、主張しすぎないシンプルなデザインがおすすめです。口が広く深すぎない形が向いています。

<ガジュマル、コーデックスなど>

横に枝が広がるタイプの植物には




正方形に近いものが向いています。傾いて倒れないように、株がすっぽり入って安定するサイズをチョイスするのがポイント。

<セローム、パキラなど>

株分けした植物には



生長期になると多肉植物などでは子株がにょきにょき出てきますよね。株分けすることで数を増やせるので春の楽しみにしている方も多いのでは?
株分けしてみると意外と数が多くなるので、そんな時は小さな同じサイズのセット鉢がおすすめです。

植え替えに必要な道具


最低限必要な道具はこちら

・植え替え用の土・・・植物に合わせて選びましょう
・軽石・・・土を入れる前に水はけをよくするために入れます
・鉢底ネット・・・底から土が出てくるのを防ぎます
・植木鉢・・・一回り大きいものを選びましょう
・スコップ・・・土が入れやすい形状を選ぶと◎
・ジョウロ・・・植物によっては、土と馴染ませるために植え替え後水やりをしましょう

あると便利なグッツはこちら

・活力剤・・・植え付け、その直後に与えることでより植物を元気にします
・皮のグローブ・・・バラやサボテンなど棘のある植物の植え替え時に手を守ります
・ワークエプロン・・・土仕事の汚れから服をガード

植え替えができない時は鉢カバーを使おう

植物の植え替えは1年中可能とは限りません。種類ごとに不向きな時期があります。

特に寒い冬の時期はできるだけ避けた方がいいものが多いです。
そんな時は鉢カバーを使って室内におしゃれに植物を飾りましょう!
カートに追加しました。
カートへ進む
Topへ戻る