カート
0

現在カート内に商品はございません。

観葉植物をおしゃれに取り入れて涼しげな快適空間を作ろう



梅雨~夏にかけては、湿気がこもりやすかったり、
気温の上昇で室内が一気に蒸し暑く
過ごしづらい日々が続きますよね。

そんな毎日に涼しげなあしらいの
観葉植物を取り入れて、
少しでも涼を感じられる快適な空間を作りませんか?

今回は涼を取り入れるのにおすすめな
観葉植物やグッズを集めました。

夏におすすめ!
涼しげなガラス鉢の観葉植物



透け感のあるガラス素材は置くだけで簡単に涼しさを演出できます。

インテリアにも合わせやすいカラーのガラス鉢と観葉植物の組み合わせは、見た目も涼しげで室内にあるだけでとても爽やかな印象に。

底に貯めた水から、植物が必要な量だけ水を吸ってくれる機能が付いているので特に水切れが心配な季節でも安心して育てられます。

ガラス鉢内側のポットに植えこんでいるので、秋になったら違う鉢に植え替えても良いかもしれません♪

ハンギングプランターで観葉植物を吊るして、風遠しのよい空間に



お部屋の風遠しの良さは夏の快適さを左右する重要なポイント!植物の生育にも風遠しの良さが大切です。

上から植物をハンギングすることで、下に湿気がこもらず空間の有効活用が可能。

夏のインテリアにも合うマクラメ編みのハンギングプランターと植物のセットは、垂れ下がる葉がで空間に緑を広げてくれるので、涼しさを演出してくれます♪

デスクに置けるミニ観葉植物で涼しさを手元に



リモートワークや室内にこもって作業するときも、手元にもちょっとした涼しさを演出しましょう。

ガラス容器のハイドロカルチャーで育てるミニサイズの観葉植物なら、デスクやテーブルの上のちょっとしたスペースに置け、涼しさを近くに感じることができます。

視界の近くに緑があると、リラックスした気分にも♪

土を使わないから虫の心配が少なく育てやすいので、気軽に始めるには最適です。

ちょうどいい存在感の観葉植物で空間に緑を広げよう



お部屋の中に緑のある面積をもっと広げたら、さらに涼しさも演出できそうですよね。

でも大きすぎる植物だと、スペースに収まるか、また育成方法は大丈夫かなど少し不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、大型と小型の中間サイズの観葉植物。

ある程度の存在感がありながらも、主張しすぎない大きさが魅力です。こちらも底面給水機能付きの鉢なので、水やりも楽ちんです。

床置きはもちろん、チェアやスタンドなどに置いても〇なサイズ感なので、他の植物とのバランスを取ったり、置き場所を簡単に移動することが可能です。

ガラスのフラワーベースで切り花や枝物、水栽培を取り入れて



観葉植物だけでなく、ガラスのベースに切り花や枝ものを生けるのもおすすめ。

ストアおすすめのフラワーベース「エリンギウム」なら、スッキリとしたシルエット&カサのように広がりキュッと絞ったネック部分が、植物を美しく涼やかに演出してくれます。

初夏はあじさい、夏はひまわりなどもおすすめ。サボテンなどの水栽培にも使用できる、便利なベースです。

観葉植物で涼しげな空間を演出するアイディア、いかがでしたでしょうか?暑い季節も上手に乗り切って季節を楽しみましょう♪
カートに追加しました。
カートへ進む
RECOMMEND オススメ商品
Topへ戻る