SUSTAINABLE LIFE

ー植物ではじめるエシカルな暮らしー



「植物と暮らしを豊かに」
LOVEGREEN STORE的なエシカルライフ

LOVEGREEN STOREが思う「豊か」とは
物質的なものだけではなく、
見て、触れて、身体と心で感じることや、
楽しみや喜びなど目に見えないものにもあります。

地球環境を守るために、資源を使い過ぎず、
自然にも社会にも、そして自分も無理せずに
「ずっと暮らしていける環境」を作るために
できることを、少しずつ始めてみませんか。


環境に考慮した素材のプランター




年間約180万トンも廃棄されている、お米の「もみ殻」を主原料にした、バイオマスプラスチックの鉢「もみっく」です。
バイオマスプラスチックの原料にはトウモロコシやサトウキビなどが使われることが多いところ、食卓でお米が食されている裏で生まれる大量の「廃棄」を「資源」として活用しようという試みで生まれました。

ポットタイプとプランタータイプがあり、それぞれ便利な受け皿もご用意。4号から8号まで、豊富なサイズ展開も嬉しいポイント。ブラック・ブラウンの3色から選べます。

LOVEGREEN STOREでもみっくを見る

 

 

スプラウトエコポットS2個+トレーセット ブラック 植木鉢 プランター

世界で問題視されているプラスチックが起こす環境問題。

私たちの身近な例としては、プラスチックごみを削減するためレジ袋の有料化など様々な取り組みが行われています。ガーデニングツールでもプラスチックごみの削減を考慮したアイテムが注目を集めています。

「スプラウト」シリーズの植木鉢とプランター、トレーは使用後、砕いて埋めると分解されるのでゴミの削減になります。

 

 

ナチュラルな質感はそのままに、雰囲気の合う優しげな観葉植物をセットにしました。

小さすぎでも、大きすぎでもない中型サイズの観葉植物は、スクやソファ脇にもちょうど良いサイズ感。シェルフやスツールの上に置きやすいサイズ感なのでかさばりにくいです。

 

土も、生ゴミもリサイクル

【生ごみや落ち葉を堆肥に】コンポストの素 300ml evo

使い終わった土、どうしていますか?

自治体によって土の処分方法は異なりますが、基本的に捨てるのはNGのところが多いです。土もリサイクルしてまた使うことができます。

一度使った土に混ぜるだけで再生できる資材を使えば捨てることもなく、再利用できます。

 

ゴミを減らして、循環させる「コンポスト」のすすめ

毎日出る野菜の皮などの生ゴミも「コンポスト」で循環させることができます。

コンポストとは「堆肥 」のこと。堆肥は肥料と違い、野菜くずなどを容器(コンポスター)に土と重ね入れ、混ぜることで作ることができます。微生物により有機物が分解、発酵し養分となり堆肥になります。

生ゴミの焼却はエネルギー消費量も多く、ゴミを焼却することで地球温暖化の原因となるco2が排出されます。コンポストを作ることで、ゴミの量は減りco2の排出量を減らすことにつながります。

自家製堆肥で自然還元型の環境に優しいガーデニングや家庭菜園をはじめてみませんか。

コンポストの作り方はこちらから
LOVEGREEN STOREでコンポストの素を見る

 

 

何度でも、新しく生まれる

ガラスびんは、溶かせば何度でも再利用ができます。

リューズガラス 花瓶 フラワーベース
回収されてきたガラスびんや不要になったガラスたちが原材料となるのがリューズガラス。 一般的には「リサイクルガラス」や「再生ガラス」とも呼ばれています。
そのため、リューズガラスは環境に優しいサスティナブルな社会への取り組みとしても注目されています。




リューズガラスのフラワーベースはひとつひとつ職人たちのハンドメイド。完全に同じものはない1点もので、小さな気泡も個性の一つ。
前はどんなカタチだったのかな。そんなストーリーも込みでリューズガラスならではの風合いを楽しんでみませんか。



ぽってりとしたフォルムが可愛いリサイクルガラスの瓶に、国産の杉の間伐材を使用して観葉植物を植え込み、新しい命を吹き込んでみました。
その名も、「RE GREEN」。

通気性・保水性に優れ、水の腐敗やカビを抑制するという杉の天然抗菌作用で、植物が生き生きと育つのを助けます。
素材の持ち味を生かしながら、再利用できるところはとことん活用。
テーブルの上から小さなサーキュラーエコノミー、始めてみませんか。観葉植物は8種類から選べますよ。

 

 

できることから、コツコツと

初めからあれもこれも、やめたり変えたりすることはないんです。今ある物を大事に使うことも「サスティナブル」の一つだと思います。
無理なく、できることから。
日々の小さなアクションの積み重ねが、数年先を変えることにつながるかもしれませんよ。