カート
0

現在カート内に商品はございません。

球根 チューリップ 火の舞 5球入り

販売価格 ¥726 (税込)
商品コード: PLSEOT99-0023

決済方法:

クレジットカード

コンビニ

カートに追加しました。
カートへ進む

ゆれる姿はまるで炎が舞うようなチューリップ


深い赤色とスタイリッシュな花形


チューリップの球根の植え付け方 鉢植え(適期:10月中旬~12月)


球根の植え付けは紅葉の見頃を目安にするとよいです。関東地方では大体10月中旬~が適期となります。



まずは鉢に土を入れていきます。大体球根2つ分くらいの高さになるまで。



土を入れたら球根を並べて行きます。


ポイント!



複数の球根を並べる時は、ぷっくりと丸くなっている面と、平らになっている面の置く向きを揃えると、葉が出たときに綺麗に見えます。



球根を並べたら、土を被せます。だいたい球根2~3つ分被せるようにしましょう。鉢植えであまり深く植えられない場合は、球根1つ分以上を目安に植え付けるとよいです。



最後に、球根の発根を促すために水をたっぷり与えます。ここで水の量が少ないと、球根が発根しにくくなるため、しっかりと鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをしましょう。


※水をやって球根が見えてきてしまったら、土を追加で被せてください。


お得なルーツポーチと土のセットが球根5球の鉢植えにはぴったり!


ルーツポーチ ブラウン 21×21cm 8L &花がたくさん咲く土5L


ルーツポーチ ネイビー 21×21cm 8L &花がたくさん咲く土5L


 


※球根を保存する時は光が当たらず、風通しが良く涼しい屋内で管理してください。


※保存環境や植え付け方法によっては発芽しない場合がございます。


 


植え付け後のチューリップの育て方・管理方法


チューリップの置き場所


チューリップの球根は、日当たりが良く、風通しのよい場所に植え付けます。チューリップの生長には寒さと日光、適切な水分が必要です。ただし、鉢植えのチューリップは、つぼみに色が出てきたら日当たりの良い場所から半日くらい日が当たる場所に場所を移動すると、若干ですが開花期間を伸ばすことができます。


チューリップの日常の管理


チューリップは、一度植え付けてしまえば特別な日常の管理は必要はありません。鉢植えのチューリップの場合は、土の表面が乾いてきたら水やりをしましょう。チューリップは、冬の寒さに当てることによって花芽ができます。寒さを感じさせることが、チューリップの球根にとっては大切なポイントです。


チューリップの水やり


土が乾いてしまうと球根が育ちません。鉢植えのチューリップは球根から葉が出るまでに多くの時間を要するので、水やりを忘れがちになります。土が乾かない様に水をやりましょう。花壇など、地植えにしたチューリップは、球根が腐ってしまう可能性があるので水やりをする必要はありません。


チューリップの肥料


鉢植えのチューリップの追肥は芽が出始めたら液体肥料を10日に1回くらい与えるようにします。


もっと詳しいチューリップの育て方はLOVEGREENをチェック!


 


■商品情報


規格・数量:球根・1袋(5球)


種類・系統:チューリップ・ダーウィンハイブリダ


開花時期:4月中旬


植付適期:10月中旬〜12月


標準草丈:40〜60cm


 


 

Topへ戻る
RELATED ITEM 関連商品